読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

悩める大学生の生き方

あがいてあがいて

Game of Thronesという海外ドラマを本気でおすすめする。

これは本当におすすめ。

 

 ハッピーエンドが約束され、お気楽な展開が嫌いなあなたにおすすめ。

物語は、いかに設定がおもしろくても、展開が読めると急につまらくなってしまうものだ。

 

これは違う。

どう展開するのか、全く読めない。

味方だと思っていた者が敵になったり、敵だと思っていた者が味方になったりもする。

 

まずは予告動画を見て雰囲気を感じてほしい。

ドラマというよりは一話一話が映画のようである。

www.youtube.com

大きなテーマは、王座をめぐる戦いである。

映像では出てこないが、魔法が存在しドラゴンもいる世界である。

しかし全く違和感なく溶け込んでおり妙にリアルに感じる 。

 

魔法と聞くと、勝敗はそれのみに左右されると想像するかもしれない。

しかし、魔法を持つ者が絶対的に強い訳ではない。

兵士の数や戦略が勝敗を決めるのである。

 

戦闘における描写には遠慮がなく、性的描写においても同様である。

海外ドラマにおけるエログロは随一ではないかと思う。

 

Huluにて、約1,000円でシーズン1~6(最新)まで楽しめる。(2016/12/5現在)

物語はまだまだ続くから、今のうちに追いつけ。 

 

見るにあたって、

登場人物が多いため、相関図を印刷して手元に持っておくのをおすすめする。 

スターチャンネルのホームページよりダウンロードできる(以下のリンク)。

ゲーム・オブ・スローンズ|相関図

手元に用意してまで本気で楽しむ価値のあるドラマだ。

 

日本ではあまり有名じゃないからもっと広まるといいな。

他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのははずかしいことだ。

ペンギン・ハイウェイ

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

ペンギン・ハイウェイ (角川文庫)

 

 

小学4年生の子供は言う

他人に負けるのは恥ずかしいことではないが、昨日の自分に負けるのははずかしいことだ。一日一日、ぼくは世界について学んで、昨日の自分よりもえらくなる。 

 この言葉を受け、今の自分の生活を反省する。

毎日、昨日の自分より成長していたら今頃どれくらい成長していただろう。それを考えると、もったいない気持ちになる。

 

ファンタスティック・ビースト見たよ

「映画全作見たけど、原作は読んだことない」私が予備知識なしで見てきた。

 

結果、

ハリーポッターとは別の映画感がすごかった。

舞台がアメリカのNYということもあって、世界観が全く違うのさ。

確かにホグワーツとかダンブルドアの名前が出たりするんだけど、なんか変な感じよ。

あと、登場人物があまり魅力的じゃない。

敵もあんまりよくわかんないし、めちゃくちゃ強いわけでもない。

だから全然感情移入やら共感ができなかった。

 

それでも、今後「ハリーポッター」にどうつながっていくかという視点で見れば楽しめるっちゃ楽しめる。

 

つまり、

映画単体で評価するとあまり楽しめませんでした。

ちょっと残念。

ハリーポッター」の原作読んでるガチ勢の友達は楽しんでたけどね。原作読んでると、繋がりは映画よりわかるっぽいね。

 

続編は見た感じだとありそう。

見には行くよ?行くけど。。。

chromebookでのPowerPoint日本語入力

AndroidアプリのPowerpointを使っている人へ。

私と同じ日本語入力できない問題を抱えている人は大勢いるのではないかと思い、記事にします。ちなみに機種はchromebook flipです。

 

chromeOSをベータに切り替えると、日本語入力ができるようになります。

手順は 

設定→chromeOSについて(上部)→詳細情報→チャンネルを変更

です。

 

ブログを書く意義

何か形に残したい、と考えたときに様々なことを思いついた。

例えば話題のyoutuberになるとか。

ゲーム実況は結構面白くやれる自信はあるが、個人の特定をされてしまうのがすごく嫌であるため、それはなしだ。

結局自分ができることの中で形にできるものはすごく限られている。それがブログだ。

文章をつくることに対してあまり苦手意識はない。しかもよっぽどのことをしない限り特定はされないだろう。

この安全性が自分には心地いい。

 

とりあえずは目標を毎週1記事とする。

PV等は後回しで、ブログをアウトプットの場として使うことのみ考える。

普通に生活してたらあまり深く考えないことも、記事にするとなれば深く考える必要が出る。そうやって思考力を磨きつつ、アウトプットの訓練をしたい。

ちょっとずつ頑張っていこう。

chromebookを選び倒す

私は持ち歩きできるノートパソコンをもっていない。

だから、カフェで作業をするためにはまずノートパソコンを買う必要がある。

 

hflounder.hatenablog.com

 

今悩んでいるのは、chromebookである。

Amazonで人気なのから選んでいきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

選ぶにあたっての判断基準は

  • 画面サイズ
  • 性能
  • 価格
  • デザイン
  • 感触
  • 重量

である。

特に価格はできるだけ安くしたい。安いことがそもそもchromebookを選ぶ理由であるから。

家の23インチのモニターに慣れているため、画面サイズは大きめがいい。大きくなることで、価格と重量に影響がでるかもしれないが、画面の大きさは作業の効率に影響してくる。だから、後々公開しやすい部分である。

性能価格である程度選択肢を作った上で、店頭にて画面サイズデザイン感触重量を確認したい。

その前に、chromebookでできることとできないことを再確認しておきたい。

ASCII.jp:ASUS、約980g11.6型と約15時間駆動の13.3型のChromebookを発売

ITはみ出しコラム:終了とウワサされる「Chromebook」が存続しそうな3つの兆候 - ITmedia PC USER

Windows一筋だった僕がChromebookを使った感想まとめ - ガジェ論

とりあえずこの辺読んだ。

 

 

続けることってやっぱり難しい

何かを続けるためには、習慣にすると長続きする。

例えば毎日行うのであれば、毎日がトリガーとなりそれは長続きしやすい。

しかし、毎日行うことが難しい習慣であるとき、他にトリガーを作らなければ続けることは難しい。

例えば、ブログを書いたり、長期的な目標を立てたり、振り返りをしたりなどの行為は毎日行うことは難しい。だから、私にとって習慣にすることは難しい。

したがって、トリガーを見つけなければいけない。

現時点で気づいているのは、カフェにいる時である。カフェにいる時は、コーヒーを飲む以外にやることがないため、他にやることを探すようになる。

カフェに行くことを習慣にすれば、それがトリガーになって習慣を続けやすくなる。

トリガーは、好きなこと、楽しいことなどの正の感情である必要がある。